FC2ブログ
沖縄の宮古島で、カウンセラーをしながら童話を書いています。くもり時々雨のち晴れの心模様をつづっています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年の今頃は…
2015年03月01日 (日) | 編集 |
今日は、高校の卒業式。
朝、小雨だったため、息子(高2)を学校まで送った。
参列する保護者の姿を見たときに、いよいよ、カウントダウン「1」が始まったんだと思った。
息子と暮せるのも、あと1年なんだなぁ~と、妙に実感が湧いた。
寂しくなるのは、ずっとずっと覚悟している。
子どもの人生を、自分の糧(かて)にするのではなく、自分の生きがいは、自分でちゃんとつくっていきたいと思う。
だから、これからの自分の夢や希望に向かって生きていこうと、こうして今を生きている。
私が大学院を卒業するのと、息子が高校を卒業するのは、同じ来年の3月。
そういう意味では、将来のことを語る息子と、今の私はある意味シンクロしていて、同じ時代を一緒に生きているように思う。
そんな風に、息子と将来の夢を語り合えるのは、本当に楽しいものだ。
でも、親の気持ちって、やっぱり、寂しさもつきまとうものなんだなぁ~と、自分がその立場になって、とても感じる。
自分の両親を思うと、どんな気持ちで送り出してくれたんだろう、と改めて思う。
こうやって、人は、年を積み重ねることで、いろんな気持ちを味わっていくものなんだなぁ。
中学の卒業式も泣けたけど、高校の卒業式もきっと泣けるんだろう。。。

ちょっと感慨にふけった日曜日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
親の心・・・
 プロ野球に入る安楽くんの卒業式も昨日で、「日曜日でも3月1日に卒業式、なんだなー。」と思っていたところでした。

 そうです!
子供は、自分の子供であるけれど、独立した一人の人間でもあるのです。
分かっているけど…
ですよね。

 でも、その親のキモチ、きっと感じてくれると思います。
すぐでなくとも、いつか。
子供とともに、自分も成長し続けたいですね。

2015/03/02(Mon) 12:42 | URL  | ぴくるす #Z34E8qi.[ 編集]
ぴくるすさん、ありがとう。
来年のことは、また来年考えることにしようと思います。とりあえず、今を生きないとね。
2015/03/03(Tue) 14:12 | URL  | じゅんちゃん #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。