FC2ブログ
沖縄の宮古島で、カウンセラーをしながら童話を書いています。くもり時々雨のち晴れの心模様をつづっています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創作意欲
2010年08月28日 (土) | 編集 |
 久しぶりに童話の話題。
 夕べ、2年ぶりに来島した童話作家の先生と食事を楽しんだ。
 メンバーは、先生と創作仲間の先輩と私の3人だった。
 いつものもう1人のメンバーが参加できず、ちょっぴり寂しかったが、久しぶりに心が湧くような、創作の話をじっくりすることができた。
 創作の話をすることと、カウンセリングは少し似ている部分があるなぁと、夕べ改めて感じた。 
 創作について話すことは、自分の心や思いをさらけ出すようなもの。それは告白にも似ていて、誰とはなしに、話せるわけじゃない、と私は思う。でもそれが、同じ創作をしている者同士であればこそ、話せるし、聞けるという心の触れ合う瞬間がある。 
 最近、ほとんど書いてはいないのだが、数日前、これはいつか書きたいなぁ、と思うネタに出会った。
 そのことを話すと、先生も先輩もいろいろアドバイスをくれた。なるほど~、と思う指摘があり、自分の心の中にだけあったネタが、人に話すことによってこねられていく感じがした。
 
 今年は、スクールカウンセラーになったばかりで、自分の中ではあれもこれも同時に進行できない状態だった。創作活動は、自分の世界を広げながら、じっくり本当に書きたいと思うものが自然に浮かんでくるまで待ってもいいかなぁ、と思っていたのだが、少しずつ、意欲がうずいてきたようだ。
 
 今は、家の引っ越し準備をしながら、箱庭療法をするための人形づくりもしている。昼寝をする人、怒っている人、泣いている子ども、赤ちゃんを抱くお母さん、杖をついたおばあさん、釣りをする人、いろんな場面の人形を紙粘土で作っているのだが、これがまたやり始めたら面白い。作りながら、自分の心の中にある何かをつむぎ出しているような気分にもなる。ただ、精魂込めて作っているせいだろう、カタチになって出来上がるのはうれしいのだが、脱力感に近い疲れもある。
 まあ、なんでもボチボチやっていこう。ちょっと夏バテ気味なので。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽しい会話は良いですね
 志を同じくする方との会話は得るものがたくさんあるのですね。
 こもれびさんが久しぶりに「書いてみたい」という気持ちになったネタを話すと言うのは、言語を介しての外在化でしょうから、そんなところがカウンセリングと似ていると感じたのでしょうか?
 頭の中にある概念的な要素を言葉に組み立てていくのは、楽しい困難さがつきまとうのでしょうね。

 箱庭の人形を手作りするなんて良いですね。
 そういうことも楽しみに変えてしまう(疲れも伴うけれど、笑)こもれびさんは素敵な方ですね。
2010/09/13(Mon) 22:33 | URL  | はなぷり #vp6YMebs[ 編集]
はなぷりさん、こんにちは。

ここのところ、ホント落ち着かず、荷物整理に追われています。
書く意欲は、湧きつつあるものの、腰をすえて机に向かうことができません。
引っ越してから、何事も、って感じです。
2010/09/18(Sat) 16:02 | URL  | こもれび #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。