FC2ブログ
沖縄の宮古島で、カウンセラーをしながら童話を書いています。くもり時々雨のち晴れの心模様をつづっています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きなバースデープレゼント
2010年07月21日 (水) | 編集 |
 17,18日の連休、与那原(沖縄本島)で研修を受けてきた。
 箱庭療法、コラージュ療法、アートセラピー、発達障害、ホスピスについてなど、2日間で自分が体験してみたかった研修が盛りだくさんの内容だった。
 何より、今回の研修でうれしかったことは、箱庭療法を教えてくれる師(先生)が見つかったこと。懐の大きい方だと感じた。
 また、今回初めて体験したコラージュ療法は、「すごく面白い!」という実感を得た。とにかく楽しかった。作業をしていて、新しい発見もあったし、自分がどんどん解放されていくような感じもした。

 じつは数日前、今建築中の家のことで、思い切って警察に相談に行った。信号機の音がずっと気になっていて、友だちや知人に時々その話をしていたのだが、ある人が「それはやっぱり警察に言ってみたら? 自分だったら、それは気になる。まずは、相談してみたら」と背中を押してくれたのだ。
 警察の担当者は、丁寧に対応してくれた。こちらも苦情というよりは、相談ということで、利用している視覚障害者の方がどれくらいいるのか? 視覚障害者の方の意向が気になること、押しボタン式の視覚障害者用の信号機についてなど、いろいろ調べたことや、気になることを話した。
 警察の方で、視覚障害者の団体に問い合わせをしてくれることになった。音量や時間帯など、可能な方法を「調整していきましょう」と、担当の方が言ってくれた。
 1人でもんもんとあれこれ考えていたときとは全く違い、気持ちがかなり楽になった。

 そんなこともあったからだろうか、コラージュをしながら出てきた感情は、新しい家に対する楽しみや夢だった。ワクワク感がどんどん膨らんでいくのを感じた。自分の気持ちが、言葉だけでなく、目に見えるカタチで表現されるって、なんと気持ちのいいことか。何か描いたり、作ったりするということ、表現するということが、「心」と密接に関わっていることを、改めて感じたのだった。

 今回の研修は、私にとって、とてもいい時期にあったと思う。スクールカウンセラーの仕事が夏休みで一段落していたこと、家を引っ越す前のターニングポイントだったこと、おまけに、誕生日割りでチケットも安く買えたし、大きな大きな誕生日プレゼントをもらった気分。快く送り出してくれた家族や、新しい出会い、すべてに感謝、感謝。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごいなあ
 スクールカウンセラーは基本的に長い休み(夏休み、冬休み)はオフなんですね~。

 警察官の丁寧な対応は、丁寧な相談をしたこもれびさんの対応故なのでしょう。

 普通は「ただのクレーム」に値するかのような発言に慣れたお巡りさんも、気持ち良い対応ができたことを、ポジティブに振り返っていることでしょう。

 コラージュ療法と聞いて「コサージュ」のことだと思った無知な私です。

 スポンジのように知識や技法を吸い込むこもれびさんにとって、今後の臨床に生きていくと信じています。

 私もしばらくご無沙汰しているサイコドラマのワークショップに出かけてみたくなりました。
2010/08/08(Sun) 18:32 | URL  | はなぷり #vp6YMebs[ 編集]
はい、基本的には夏休みはオフなんです。

県の予算の関係で時間が減らされていることも関係あるかもしれませんが……。

で、休みはいいんですが、収入もありません。
カウンセラーというのは、不安定な仕事ですね。

警察の方から、その後、まだ連絡はありませんが、また引っ越してみてから、気になれば伺おうと思っています。

そろそろ、引っ越し準備です。
ちょっと大変そう。。。。。
モノが捨てられない性質なので。
2010/08/11(Wed) 22:51 | URL  | こもれび #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。