FC2ブログ
沖縄の宮古島で、カウンセラーをしながら童話を書いています。くもり時々雨のち晴れの心模様をつづっています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みがやってくる
2010年07月14日 (水) | 編集 |
 私にとっても夏休みがやってくる。
 スクールカウンセラー(SC)の仕事で石垣島へ行くのは、しばらくお休みだ。

 思い返すとたった4ヵ月ではあるが、ほんとにさまざまな子どもや親たちに出会った。
 いろんな事例があって、この4ヵ月の経験は、何年分にも相当するような気がする。

 先日の事例は、話を聞いていて、ぞっと鳥肌が立つような、髪の毛が総毛立つのが分かった。
「こんなとき、どうしたらいいんでしょうか?」
 そう聞かれても、私だって分からない。正直に「どうしたらいいんでしょうねぇ。私にも分かりません。」そう言ったら自分も楽になり、結果的に自然なアドバイスもできた。

 何組もの親子と面談してきて感じることは、親子のつながりに深く関わるのがSCの大事な役割なんだなぁ、と思う。話を聴くことは、一番重要なことではあるけれど、ただ聴くだけではダメだと思うこともある。提案したり、ときにはもっと強く提示したり、いわゆるその人の考え方ややり方などに介入することもあった。そうしなければ、このままただ時間ばかりが過ぎていき、事件や事故に発展する恐れもあるんじゃないか、と思うこともあったからだ。
 でもそんなとき、本当にあの方法で良かったのかな? 自分は何様なのか?と思うこともあった。
 
 来週はいよいよ、ずっと勉強したかった箱庭の研修もある。
 夏休みは、この4ヵ月の事例を振り返りながら、なかなかできなかったレポートもまとめてみようと思う。
 ホントは、その都度すぐにレポート書いたほうがいいと思うのだけど、日誌を書くのが精一杯でまだまだできない。
 しばし休養して、その間に引っ越しの準備をして、秋には新しい家で、また心機一転がんばるか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遅くなりました
 4ケ月と言う月日は様々な家族とのかかわりの連続だったんですね。

 >私はなにさま
 「スクールカウンセラー」だと思います(笑)。

 その相談者との関わりで、その時に必要だと思った、介入方法・声かけがこもれびさんの口をついたのでしょう。

 広義の心理療法に明確な回答などありませんし、どんな「その道の権威」でもうまくいかない事例はごまんとあるように聞いています。

 どうかこれまでどおり誠意ある、そして偽りのないこもれびさんでいてください。
2010/08/08(Sun) 18:21 | URL  | はなぷり #vp6YMebs[ 編集]
こちらこそ
はなぷりさん、こんばんは。

返信が遅くなってしまいました。ポリポリ。
ここのところ、実家に帰って手伝いをしていたものですから。

夏休みは、SCの仕事もほとんど休みなので、ますます自分が何者なのか分からなくなりそうです。

こもれびとじゅんちゃんの違いも、自分で分からなくなってますしね。まあ、いいっか。

でも、誠意と誠実であることだけは、忘れないようにしますね。

いつも、ありがとうございます!
2010/08/11(Wed) 22:45 | URL  | こもれび #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。