FC2ブログ
沖縄の宮古島で、カウンセラーをしながら童話を書いています。くもり時々雨のち晴れの心模様をつづっています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石垣島の夜に思う
2010年06月21日 (月) | 編集 |
 いま、スクールカウンセラー(SC)の仕事で石垣島に来ている。定宿もできた。中学校へ出勤する際と高校へ出勤する際とで、別の宿に止まっている。どちらも自転車を無料で貸し出してくれるし、送り迎えのサービスも利用できる。部屋も広いし、とても清潔なところがいい。
 慣れた宿に帰ってきたのだけれど、今晩は少し落ち着かない。緊急性の高い面談があり、自分の対応がこれで良かったのか。もちろん、担当の先生とよく話し合ったのだけれど、もっとほかの対応があっただろうか、などと考えてしまう。
 SCの仕事をしてから、とくに最近思うことは、何が悪くて何がいいとか、どういうことはダメでどういうことは許せるとか、そういう価値観とか、固定観念みたいなものが、どんどん取っ払われていくなぁ~ということ。
 以前に、箱庭のワークに参加した際、セラピストの先生が言っていたことを思い出す。「セラピストは、モラルとか常識とかで判断したり、囚われないようにしたほうがいい」ということ。
 おそらく、学校の先生ならこれはよくないと言うのだろうなぁ、親ならこういうことは我慢できないんだろうなぁ、ということも、生きていく、生きぬいていく力になっているのだと考えたら、それもいいだろう、と思えてしまう。
 周囲の人から見て困った現象も、じつは本人にとっては、生きる力だったりする。自分にも、他人に対しても、命さえ大事にすることができれば、それが何よりだと思う。生きていれば悩みも問題も尽きないものだから。悩んでいること、問題があること自体は悪いことではないのだ。
 これを書きながら思った。私の中で、いま「許し」が起きているのかもしれない。
 今夜はとにかく、今日出会った人たちの心の平安を祈りたい。そして明日もまた、力をお貸しくださいと祈ろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そう、SCと先生は違っていい
 先生は、立場として是々非々を伝え(教え)なければならない。心の中で、その人の考えなどに共感できても、金なんとか先生のようにやたらに同調できない。個性や人権に配慮しつつも、公共の秩序を無視できない。だって教育公務員です。でも、SCなら、その人の最善の策に寄り添って生きる勇気の源(光)を与えられる。犯罪や生命の危機以外極力その人に寄り添うこと、淳ぺーのこの考え方に、賛成です。
 ところで、あれから数日後お兄さんの薦めで、ベンツ買い換えることになりました。白・C200Kフルエアロ、オール革張りスポーツシート、強化サス。今月末納車。
2010/06/22(Tue) 12:54 | URL  | 栃木のヤーサン #-[ 編集]
口車で車乗り換え?!
栃木のヤーサン、ありがとうございます。
栃木のヤーサンに「SCと先生は違っていい」ときっぱり言ってもらって、なんだかすっきりしました。
これからの柱になります。

で、ベンツ買い替えるんですね!!!
栃木のヤーサンのおかげで、兄の首もまたつながったことと思います。これからも、兄をお願いいたしますe-466
2010/06/23(Wed) 23:20 | URL  | 淳ペー #3jISyIMY[ 編集]
みんな違ってみんな良い
 固定観念にとらわれない━━ってことなんですね。
 自分がどういうスタンスに立つかと言う「軸」がグラつくと援助もグラつくような感じがします。

 何事をも、「許して」「受け入れる」のは難しいかもしれませんが「みんな違ってみんな良い」という相田みつをさんの言葉を思い出します。
2010/07/10(Sat) 23:05 | URL  | はなぷり #vp6YMebs[ 編集]
「みんな違ってみんな良い」

私もその言葉を、今、前よりも実感をもって感じています。

2010/07/12(Mon) 09:12 | URL  | こもれび #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。