FC2ブログ
沖縄の宮古島で、カウンセラーをしながら童話を書いています。くもり時々雨のち晴れの心模様をつづっています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
波乱の一日
2010年03月27日 (土) | 編集 |
 26日金曜日、ハローワークでの最終日。その日は朝から、ドタバタが始まった。
 報告書をまとめるために、少しでも早く取り掛かろうと、いつもより早めに出勤。
 ところが、いつも私が使用しているパソコンが、その日撤去、新しいパソコンに取り替える作業があるという。
 ここのところ、来客や電話もメッチャ多い上に、転勤する職員の引継ぎもあり、留守を守っている職員のストレスもピークだったのだろう。
「聞いてなかったんですか?$&%#%#&¥!」
 わあっ!これはかなり怒っているということが、よっく分かった。一気に硬直した雰囲気が漂う。
 さて、どうしよう? たしか、ノートパソコンもあったはずと思い、パート勤務の長い同僚に相談し、なんとかパソコンを確保。ところが、みんなで使用しているパソコンのため、他の人の作業も入り、その上、その人のデータにトラブルが発生。一緒にそのトラブルをなんとか乗り越え、自分が使えるようになったのは、11時30分ごろだった。お昼の食事も早めに済ませ、昼休み返上で取り掛かるものの、午後からは来客や電話がひっきりなし。
 那覇での基金訓練を受けるために、手続をしていた高卒生も来所。ところが、その日は基金訓練担当の職員は引継ぎのための出張で留守。その子も夕方の便で、那覇へ出発するということで、私が電話で指示を受けながら手続をすることに。ところが、不備もあり、書類の準備にかなり時間がかかってしまう。
 その間、ハローワークには、酔っ払いがやってきて怒鳴り声を上げたり、いつもは1コールで誰かが取る電話も、その日は3コール鳴るのも当然のような状態。その上、出張中の職員から、書類の探し物を何度も依頼され、やっとパソコンに向かって集中できるようになったのは、もう4時をすぎ、私の残り勤務時間は1時間を切っていた。
 先に帰るパートの同僚の方たちに、あいさつをしながらも、別れの気分にひたる余裕もなく、ひとり残業。シーンと静まり返ったハローワークに、時折雲の合間から夕日が差し込む。ここでの最後の時間に、金色の光がやさしかった。
 なんとか、報告書をまとめ、周囲の荷物を片付け、ハローワークカードも返却し、課長に最後のあいさつをしたのは6時30分ごろだった。
 いつもは、職員より勤務時間が短いため「お先に失礼します」と頭を下げながら帰る私だが、その日は誰にも見送られず、1人、ハローワークを後にした。まっすぐ前を向いて、とてもすがすがしい気持ちだった。
 私にとって仕事収めの日が、これまでに経験したことがない、最高に忙しい最初で最後の日となった。こんな終わり方もいいと思った。

 その日、夫は会社で大事な交渉があり、息子は小学校へ行く最後の用事があった。みな、無事にいろいろなことが終わった一日だった。
 私が「今日はうちの家族にとって、みんなそれぞれ、大事なことが終わる日だったんだね」というと、息子がすぐにこう言った。
「始まりの日でもあるよ。」
「う~ん、いいこと言うねぇ~。ホントだね!」
 夫はよりよい会社に。息子は中学生に。そして私はスクールカウンセラーに。
 この春は、みなが心機一転をそれぞれ心に強く感じている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
横殴りの雨が四方八方から?
こちらにもおはようございます

 読んでいるだけでとてもお忙しい雰囲気がひしひしと伝わってきます。

 ひどい横殴りの雨に――傘をさしていても避け切れず、それどころか“お猪口”になってしまい、いっそ濡れてもかまわないと傘を殴り捨てたものの、今度は街路樹まで倒れこんできて、近くにいた人間が総動員で抑えにかかる――そんなシチュエーションを想像しました。

 「止まない雨はない」

 いつしか雨はやみ、風は止まり、散らかった飛散物も、“分別”し終わって、元のきれいな町並みが戻ってきた――そんな時に感じる清清しさに近いような、感じだったのでしょう。

 ふと顔を上げれば西の空には真っ赤な夕日が……
 
 「達成感」「明日への希望」「心地よい疲労感」
 
 そんな仕事ができたことは、なにより節目を飾るにふさわしい日なのではなかったでしょうか?
2010/04/08(Thu) 09:18 | URL  | はなぷり #vp6YMebs[ 編集]
たしかに、そんな雨でした。
はなぷりさんの例え、たしかにそんな感じでした。

今にして思えば、あれは神さまからのお祝いだったかもしれませんね。

ハローワークでは、短い間でしたが、カウンセラーになるための大事な助走期間だったと思います。

逃げ腰にならずに、目の前のクライアントさんとしっかり向き合うこと、学びました。
2010/04/11(Sun) 15:32 | URL  | じゅんちゃん #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。